海外旅行中に発生した医療費はどこに請求すればいいのか

健康保険やクレジットカードを利用する

日本国内では健康保険証があれば、医療費の7割ほどを健康保険が代わりに支払ってくれるのですが、海外で発生した医療費の場合は別です。基本的には海外で発生した医療費を旅行者本人が全額支払わないといけません。ですが、健康保険には「海外療養費」という制度が設けられており、帰国した後に旅行者が申請をすれば、医療費の一部が戻ってくるようになっています。
現地ですぐに医療費を支払ってほしい場合は、クレジットカードについている「海外旅行傷害保険」を利用するようにしてください。クレジットカードの海外旅行傷害保険はランクによってはついていなかったり、ついていたとしても50万円までであったりと上限が設定されている場合があります。そのため、海外にいく前にしっかりと確認するようにしましょう。

海外の医療費を日本で請求する場合の注意点

海外で発生した医療費を帰国してから請求する場合は、いくつかの注意点があります。まずは「実際に治療をしたことを証明する資料を準備する」ということです。現地で作成されたカルテや診断書、領収書などがあれば証明することができます。また、そうした資料は現地の言葉で書かれていることが多いので、しっかりと日本語に翻訳した上で提出するようにしてください。
また、健康保険からお金が得られるのは「健康や生命活動に関する治療」に関する医療費に対してです。そのため美容整形をはじめ、高価な歯科医療や性転換手術など、健康や生命活動に関係がない医療費については健康保険からお金が支払われることはありません。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です