【離島】日本なのに海外みたい!

この世のものとは思えない絶景!与論島の魅力

鹿児島県の最南端に位置する与論島は、奄美群島の一つに数えられています。人口は5,000人ほどとなっており、日本とも琉球とも異なる点がある、独自の文化が根付くのが特徴です。海と自然が大切にされており、美しく透き通る海とサンゴ礁は格別。大潮の干潮にあわせて現れる「百合ヶ浜」も人気となっています。エメラルドグリーンの海と色とりどりの熱帯魚、咲き乱れるハイビスカスなど、非日常を満喫したい方にはうってつけです。

沖縄で最も美しいと評判の久米島

沖縄本島から100kmほど西に浮かぶ、沖縄諸島の一つが久米島です。琉球王朝においても、沖縄の列島の中で最も美しいとされていた程の抜群の景色は今も健在。全長5kmにもなるサンゴ洲島である「ハテの浜」は、生涯のうちに一度は見ておきたいものです。クリアな海と珊瑚礁は素晴らしく、ダイビングの名所としても知られています。

離島だけど訪れやすい渡嘉敷島

沖縄県の渡嘉敷島は日本ではないようなリゾート気分を味わえるのが魅力ですが、沖縄本島から高速船で気軽に訪れられる利便性が特徴です。阿波連・渡嘉志久と言った美しいビーチを有する上に、その海は「ケラマブルー」と称され、世界屈指の透明度を誇ります。ダイビング地としても人気が高いほか、ホエールウォッチングを楽しむことも可能です。

世界文化遺産にもなった五島列島

九州の最西端に当たる五島列島は2018年に世界遺産登録がなされています。全部で140程の島々からなり、美しい自然の景観を楽しめると同時に、各所にキリスト教の建築物が点在していて、独特な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。自然を活かしたリゾート地として観光客に人気で、ゴルフを楽しんだり、星空を観察できたりと楽しみ方は豊富となっています。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です