日本でありながら日本ではない?国内離島のトロピカルなビーチリゾート4選

この世のものとは思えない絶景!与論島の魅力

鹿児島県の最南端に位置する与論島は、奄美群島の一つに数えられています。人口は5,000人ほどとなっており、日本とも琉球とも異なる点がある、独自の文化が根付くのが特徴です。海と自然が大切にされており、美しく透き通る海とサンゴ礁は格別。大潮の干潮にあわせて現れる「百合ヶ浜」も人気となっています。エメラルドグリーンの海と色とりどりの熱帯魚、咲き乱れるハイビスカスなど、非日常を満喫したい方にはうってつけです。

“日本でありながら日本ではない?国内離島のトロピカルなビーチリゾート4選” の続きを読む

函館だけじゃもったいない!道南のおすすめスポット3エリア

北斗市へ行ってみよう

北海道の道南地方の観光スポットというと函館をイメージしますが、函館周辺にも見どころはたくさんあります。その1つが北斗市です。北斗市は上磯町と大野町が合併して誕生しました。北斗市市域は函館湾岸から大沼西方の内陸部に広がっていて、新函館北斗駅が作られました。北斗市北部の木地挽山に広がるきじひき高原はおすすめのスポットです。標高約560m付近のパノラマ展望台からは、函館市街や内浦湾や駒ケ岳などの絶景を楽しむことができます。

“函館だけじゃもったいない!道南のおすすめスポット3エリア” の続きを読む

意外と細かい!新幹線のきっぷに関するルール

きっぷのルールを確認する

国内を短時間で移動する際に便利な乗り物が新幹線です。国内旅行ではおなじみの乗り物で乗ったことがある人も多いと思います。きっぷを買って乗るだけですが、実はさまざまな制度があり、きっぷの種類によってルールが異なります。それを事前に知っておくことがポイントです。

特に旅行会社で申し込んだツアーでのきっぷには個別の決まりが定められていることがあります。そのひとつが乗り遅れなど、指定した列車以外に乗車するときの取り扱いです。正規のきっぷであれば、指定席を所持していて、指定した列車よりも早い列車に乗った場合、空席があれば乗った列車の指定席に座ることができますし、指定列車に乗り遅れたときには自由席を利用することができます。しかしながら、ツアーのきっぷではこれらの取り扱いができないことがあります。指定列車のみ乗車可能ということです。その場合、早い列車に乗っても、乗り遅れても乗車券と特急券を再度購入する必要があります。きっぷの券面に条件が書かれているので事前に確認することが大事です。

“意外と細かい!新幹線のきっぷに関するルール” の続きを読む

北海道へ来たら大沼公園へ足を運んでみよう!季節ごとの見どころを紹介

水芭蕉やバードウォッチングを楽しめる春

大沼公園も含め、北海道の春は本州と比べるとかなり遅いです。しかし、4月に入れば少しずつ春らしくなってきます。春になれば大沼公園湖畔の湿地帯に群生する水芭蕉が咲き始めます。またこぶしの花もこの季節に咲く植物です。さらに森林ではカワセミやアオサギなどの野鳥が活発に活動を始めるため、バードウォッチングを楽しめます。

“北海道へ来たら大沼公園へ足を運んでみよう!季節ごとの見どころを紹介” の続きを読む

海外旅行中に発生した医療費はどこに請求すればいいのか

健康保険やクレジットカードを利用する

日本国内では健康保険証があれば、医療費の7割ほどを健康保険が代わりに支払ってくれるのですが、海外で発生した医療費の場合は別です。基本的には海外で発生した医療費を旅行者本人が全額支払わないといけません。ですが、健康保険には「海外療養費」という制度が設けられており、帰国した後に旅行者が申請をすれば、医療費の一部が戻ってくるようになっています。
現地ですぐに医療費を支払ってほしい場合は、クレジットカードについている「海外旅行傷害保険」を利用するようにしてください。クレジットカードの海外旅行傷害保険はランクによってはついていなかったり、ついていたとしても50万円までであったりと上限が設定されている場合があります。そのため、海外にいく前にしっかりと確認するようにしましょう。

“海外旅行中に発生した医療費はどこに請求すればいいのか” の続きを読む

雨の心配がある旅行に重宝するのは防水靴と折り畳み傘

防水加工のスニーカーや靴はおしゃれなものがたくさん

旅行はお天気で左右されるといっても過言ではありません。もちろん行先や観光名所にもよりますが、大敵はやはり雨です。旅行で雨に降られると、一番被害を被るのは靴ではないでしょうか。衣服は乾かすことができますが、靴は雨がやんでも簡単に乾きません。一晩たっても乾いていない場合も多く、湿った靴に再び足をいれなければならない時の不快感たらありません。短期の旅行で確実に雨予報が出ているなら、レインシューズでもいいと思いますが、長期の旅行や天気が先までわからない時に、ずっとレインシューズを履いているわけにはいきません。そんな時は悪天行でも履ける靴で出かけるのが無難です。防水の靴はデザイン的にいまいちというイメージですが、最近では「これ雨でも大丈夫?」と驚いてしまうくらい普通のデザインのものが出ています。旅行には定番のスニーカーも、雨だけでなく湿った場所を歩く際にも重宝します。

“雨の心配がある旅行に重宝するのは防水靴と折り畳み傘” の続きを読む

絶景!冬に行きたい国内の三大おすすめ観光地!

雪と日本の伝統が調和して美しい白川郷の合掌造

岐阜県にある白川郷合掌造集落は1994年に世界遺産に登録されました。一年を通して日本の伝統建築と美しい自然を楽しむことができる言わずと知れた観光地ですが、冬は特に雪と白川郷が調和し、とても幻想的な雰囲気を楽しむことができ、おすすめです。

“絶景!冬に行きたい国内の三大おすすめ観光地!” の続きを読む

癒されたいならビーチリゾートへの旅がおすすめ!

沖縄や伊豆も人気!国内にあるビーチリゾート

青い海や白い砂浜が広がり、雄大な自然の風景に心も体も癒されそうな旅行先といえば、ハワイやグアムなどのビーチリゾートです。ビーチリゾートはアメリカ以外にはアジアやヨーロッパにも存在しており、それぞれ違った良さを持つ観光地となっています。日本国内では、沖縄本島や宮古島、石垣島、奄美大島といった島や、和歌山県の南紀白浜、静岡県の伊豆半島にある下田などが綺麗な海を眺められる観光地として人気を呼んでいます。友人や家族と海水浴をしたり、恋人と訪れて夕焼けに染まる海を見つめたり、一人旅で穏やかな景色に癒されたりと、旅先で素敵な思い出作りをしたいなら、国内のビーチリゾートもおすすめの観光スポットです。

“癒されたいならビーチリゾートへの旅がおすすめ!” の続きを読む

身近にある魅力!旅行をして日本について知ろう

日本の良さを楽しく学ぶ

連休になると海外で過ごす日本人も多いですが、ちょっと目線を変えて国内の魅力を再確認するのもおすすめです。日本の観光地では外国人の姿もたくさん見受けられますが、海外から人気がある日本の観光地について別の角度から眺めれば、新しい発見ができます。例えば東京観光をする際に東京上野にある国立科学博物館をゆっくりと回る時間を入れると、日本についての知識が増えます。中はかなり広く、小学生から大人までなるほどと考えさせられる展示品がたくさんあります。ここにはなかなかお目にかかることができないミイラが展示されていて、生命や人類の誕生について思いを馳せることができます。また国内旅行をした時にその地域にある博物館や美術館を訪れるとガイドさんから解説を聞けるツアーがあり、好奇心をくすぐられる体験ができます。

“身近にある魅力!旅行をして日本について知ろう” の続きを読む

大型連休におすすめ、国内旅行の観光スポットの紹介です。

冬の北海道旅行は魅力が一杯です。

年末年始は卒業旅行のシーズンです。また大型連休に備えて家族旅行を考えている方もいらっしゃるでしょう。
年末年始の国内旅行の目的地として北海道旅行がおすすめです。飛行機で行く札幌や小樽、人気温泉地などの宿泊ツアーが充実しており期間限定のおすすめプランや冬休みや連休に合わせた多彩なプランもあり、スキーやスノボ、人気の観光スポットなども楽しめます。

北海道旅行の費用は季節によって変わってきます。料金的にお得なのが12月〜2月で1年で1番安い期間になります。
また個人旅行よりも旅行会社お任せのツアーのほうが料金的にお得です。航空券とホテルのみのフリーツアーの場合、滞在したい日数を選べるタイプがあるので、自分好みの旅のアレンジがしやすいです。個人手配は割高ですがその分、あちこち回れるし途中キャンセルもしやすく自由度の高い旅が楽しめます。また街歩きの時間が空いた時や、ちょっとお腹が減ったときに立ち寄りやすい外食探しも魅力的です。

“大型連休におすすめ、国内旅行の観光スポットの紹介です。” の続きを読む